エンジェル投資家って何!? 〜エンジェル投資家から資金調達する仕組みを徹底解剖〜

エンジェル投資家についてご紹介します。お金持ちで別次元な存在と思われがちなエンジェル投資家の実態からマッチング方法まで追求していきます。
この記事を読めばエンジェル投資家へのイメージをスッキリさせることができます。

監修者

石橋 孝太郎 / Gazelle Capital 代表パートナー

2016.11にクルーズベンチャーズ株式会社を創業。 取締役として、コーポレートベンチャーキャピタルの設立と運用に従事。 同社にて創業初期の起業家を中心に投資活動を展開した。 その後同社を親会社に合併させたのち、退職。2019年にGazelle Capitalを新たに創業し、代表パートナーに就任。 また、個人として、学生向け中古教科書売買収益を活かした途上国の教育支援会社や、宮崎県にて事業承継を実施し、焼酎を中心とした酒販小売り会社であるLocalLocal株式会社を経営。 自身のもつ様々なバックグラウンドを活かし、多方面的に投資先と伴走をする。

資金を調達する4つの方法

まずはじめに、起業家が資金を得るための方法を4つまとめます。資金調達方法の1つとしてエンジェル投資家はどの立ち位置にいるのか全体像を把握していきましょう。

1創業時の資金調達の方法

日本における起業家の資金調達方法は主に4つあります。

1-1.融資

最もオーソドックスな資金調達方法として『融資が挙げられます。融資とは、銀行や信用金庫から期限付きで融資を受け、定められた利息と元本を毎月・毎年返済する方法で、ローリスクローリターンな資金調達と言えます。

1-2.クラウドファンディング

近年誕生したクラウドファンディングとは、群衆(crowd)と資金調達(funding)を組み合わせた造語でビジョンに共感した人や活動を応援したいと思ってくれる人から資金を集める資金調達です。インターネットの普及により、誰もがクラウドファンディングを募集&出資することができます。特にスタートアップや創業したばかりの企業は、実績や信用がなくて融資条件を満たさない企業にオススメです。

1-3.VC

銀行などは「融資」である一方で、VCやエンジェル投資家は「投資」に属します。投資とは、未上場企業に出資して株式を取得し、将来的にその企業が株式を公開(上場)した際に株式を売却し、大きな利益を得る投資会社や投資ファンドのことを指します。ハイリスクハイリターンではありますが、一度出資先が上場した際には莫大な資金が手に入るので非常に夢のある資金調達です。更に、VCの場合はただ資金を出資するだけでなく、人脈やノウハウも繋げてもらえるというメリットもあるため、そちらが目的で資金調達する起業家も一定数存在します。

1-4.エンジェル投資家

基本的に、エンジェル投資家が行うことはVCと同じです。違うこととして、VCは法人起業で組織として出資しますが、エンジェル投資家とは個人投資家であり、1人で未上場企業へ出資をします。一度ビジネスで成功した人など、資金に余裕がある個人が企業に対して出資します。まさしく天使・エンジェルのような人が出資してくれる資金調達がエンジェル出資です。

一目でわかるエンジェル投資家の全貌!!

いよいよ「エンジェル投資家」について追求していきます。この記事を通してエンジェル投資家の目的や意義を理解して、エンジェル投資家のイメージをアップデートしていきましょう。

2-1.エンジェル投資家の目的

エンジェル投資家が出資する理由は主に「応援目的」「イグジット目的」の 2つがあります。

一つ目の応援目的とは、エンジェル投資家の大半が既にビジネスで成功を収めた起業家であることが多いです。地獄のような苦労を乗り越えて、成功を収めたエンジェル投資家が、次世代の起業家へ期待の意味を込めて出資します。

もう一つのイグジット目的とは、上場またはM&Aして、株式を売却することを指します(内部リンクイグジット)。イグジットによって、当初出資した時の企業価値よりも数十倍に膨れ上がった株式を売却することで、莫大な利益を得ることができます。

エンジェル投資家は以上のような理由から、未上場企業に対して出資します。しかし、個人がここまでリスクを犯して出資するエンジェル投資家はやはり別世界の人間だと感じます。

では、日本にエンジェル投資家はどれくらい存在するのでしょうか。アメリカンドリームならエンジェル投資家は理解できますが、日本にエンジェル投資家が多く存在しているイメージを描きにくいことだと思います。

2-2.日本にエンジェル投資家は存在するのか

みずほ情報総研株式会社によると、日本のエンジェル投資家の市場規模は2018年時点で約43億円あります。日本だけでも、個人で40億も出資していると考えると凄いことです。一方で、アメリカは14兆円の市場規模であり、日本と次元が違うことがわかります。近年の日本も、政府主導でスタートアップ支援を促しており、日本が起業家への出資をどのよう増やして行くのか要チェックです。
 

2-3.エンジェル投資家に出資依頼する際の注意点

ここまで話を聞いて「エンジェル投資家に出資してもらいたい!」と思った起業家もいると思うので、エンジェル投資家に出資してもらう際のポイントを主観的部分と客観的部分に分けて説明します。あくまで、執筆者個人の意見なので、この通りにすれば必ず出資してもらえるというわけではないです。しかし、出資してもらうための最低条件ではあると思うので是非チェックして確認しましょう。

<主観的部分>
「ビジョンや想いを明確に持ち、第三者を納得させる事業か?」という部分が大事です。エンジェル投資家も同じ人間です。情熱を持って、どんな地獄も乗り越えられる魅力的な人間だと見せるが非常に重要です。論理を超えた、起業家の情熱に惚れて出資することは多々あると耳にします。ちなみに、VCでも最後の決め手は起業家の人間性であることもあるので、誰に対しても想いを伝えるところは重要です。
<客観的部分>
一方で、想いだけではなく、客観的な部分として「事業計画書の正確性」が重要です。出資を依頼する際に事業計画書を見せると思いますが、第3者が「そうだよな」と納得する内容でなければエンジェル投資家が自己資金叩いて出資しようとは思いません。特に「市場の成長性」つまり、その事業の市場は今後成長していくのか?ということは最低限クリアしてないと衰退産業には出資しないので、事業計画書に明記することが大事です。

エンジェル投資家と出会う3つのタイミング

エンジェル投資家と出会う方法は千差万別で時の運というのが正直なところです。しかし、エンジェル投資家と会う王道なマッチング方法を3つ紹介します。

3-1.マッチングサービスを利用

エンジェル投資家とのマッチングサービスも近年増加しています。「Founder」「グッドエンジェル」など多くのサービスが誕生しています。全てのサービス特徴を把握してから、マッチングしたいエンジェル投資家と出会えるサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

3-2.エンジェル投資家のSNSへDM

エンジェル投資家の方でTwitterやFacebookなどのSNSを利用している方も多く存在しています。エンジェル投資家が寛容な方が多いので、勇気がいることかもしれませんが資金を調達するためにDMでメッセージを送ることも有効です。

3-3.セミナーやイベントに参加

VCや起業家マッチングのイベントに参加してエンジェル投資家とマッチングする方法もあります。インターネットの普及により、世界中どこにいてもオンラインでイベント参加することが可能です。東京以外の方でもエンジェル投資家とマッチングする可能性は十分あるので、ぜひ一度イベントやセミナーに参加することもオススメします。

総論

○本記事でわかったこと

・エンジェル投資家とは「応援」や「イグジット」を目的として、1人で未上場企業へ出資する個人投資家のことを指します。

・日本のエンジェル投資家の市場規模は2018年時点で約43億円。アメリカは約14兆円の市場規模である。

・エンジェル投資家と出会う方法として「マッチングサービスの活用」「SNSでのDM」「セミナーやイベントへの参加」の3つが主に挙げられます。

エンジェル投資家についてガゼルキャピタルに相談する

資金調達に困っている方やエンジェル投資家と繋がりたい方は、一度弊社Gazelle Capitalに相談してみませんか。皆さんからのご相談お待ちしております。

参考文献
みずほ情報総研株式会社「令和元年度 中小企業実態調査事業

執筆者

中川 大地 / アソシエイト

立教大学大学院ビジネスデザイン研究科2年生。2022年4月からGazelle Capitalでのインターンを始める。大学時代は福島大学へ進学し、地方創生と野球に尽力。当社では、SNS担当としてYouTubeやTwitterなどで情報発信に携わる。

RELATED 関連記事

記事一覧をみる